コンセプト

November 10, 2006

何で革ツナギなの?

KEVLAR・Nomex・ゴアテックス等の最先端の素材が主流の昨今、Racing Siteだけは未だに革製なのであろう?
これまで「革」以外の素材が無かった訳ではない。
10年以上前になるが、「革より軽くて丈夫」のキャッチコピーでケブラー(KEVLAR)製RacingSuitがリリースされ一時普及したが、WGP(現MOTOGP)の方で禁止になり結局革ツナギにという経緯があった。
では何故禁止になったのかという事だが、決して破れた訳ではない。
何故かヤケドする選手が多くなったのだ。そしてそれが「ケブラー素材」によるモノだと結論が出たとの事。
ここで「革である必要性」がハッキリしてくる事になる。
どういう事かというと、ライダーは転倒すればマシンと離れ路面に接する!当然の事ながら尋常ではない速度で路面を滑走していく訳だ”
その滑走している時に「革」は体を守るために自らある仕事をしてくれているというのである。
“自ら”というのは滑走時「革」は路面に擦れて削れるのだが、その削れた「繊維」が摩擦によって生まれる「熱」をなんと放熱しているのだという!
まさに天然素材ならではのなせる技なのだ!!
対照に「ケブラー」は「革より丈夫な」というコピー通りに強い訳で繊維が「削れない」=「耐熱」という構図でライダーの体に熱を伝えてしまっていたのだ(>_<)
なるほど!革である必要がここに成り立ち、改めて自然界のパワーを感じる次第である(^^)
今後、様々な素材が生まれるであろうがいつの日か「革」に匹敵する素材を人工的に作れるのか人間のパワーに期待したいモノである。
さて、ツーリングユースの諸君も「革ツナギは高い・面倒」「革パンツで十分」「ライダースの方が着やすい」等と言わず、体を守る重要なアイテムの一つであるのだから是非革ツナギの重要性を再確認して欲しいモノである。
※:現在「ケブラー」は素材の特性を活かし「伸縮ニット」「軽量生地」と形を変え路面に触れにくい部分に採用され、運動性の向上・軽量化等に貢献している。

PRIDE1
http://pride1.jp


pride1jp at 22:55|この記事を表示コメント(6)トラックバック(0)clip!

November 01, 2006

ケブラー(KEVLAR)ステッチ

580b300e.gifKEVLARの原料である「アラミド繊維」は、1960年代に空軍パイロットの命を守るために開発されたといわれるスーパー繊維である。
以来、素材の資質の高さから、様々な加工技術によって多くの最先端素材として活躍している!
例:ブレーキパッド・クラッチ板・ガスケット・タイヤ等、最近では光ファイバーケーブルにも使われているという。
KEVLARはパラフェニレンジアミンとテレフタル酸の重合によって、分子構造が剛直で直鎖状の骨格を持つために鋼鉄の5倍の引っ張り強度を持ち、耐熱(分解温度 約500℃)・耐摩擦性も高い.
※F1ドライバーSuitでも使用されるノーメックスR(NomexR)もアラミド繊維類を布地に加工したものである。

さて、素材の説明が長くなってしまってm(__)m
PRIDE1 SuitではKEVLAR製の糸をステッチとして使用している。
素材説明で書いた通りに何しろ強い!!
何故なら、当方他メーカーでも修理を受けている経緯からPRIDE1 Suitと他メーカーでのステッチ切れの差が著しく違うのである。
ポリエステル糸も引っ張り強度はある程度強いとは言え、耐熱・対摩擦性は弱い
※:耐熱・対摩擦性が強いといわれるボンド糸も試してみたが及ぶものではなかた。
但し、強いからといって全ての縫製をKEVLER糸では駄目なのである!
何事も「適材適所」という事だ!(詳細は企業秘密につき悪しからずf^^;)
また、紫外線に弱いという一説があるが10年選手でも全くと言って良い程問題がない(^^)v
しかしながらとてもコストが高く、よく使われているポリエステル糸の約9倍である(>_<)
そんな理由からか、素材としてはピカイチであるが既製品での使用は皆無である。
※いくつかの他のオーダーメーカーでもケブラー糸を使用している様である。
この様に書いてしまうとオーダーSuitの良さが見えてきてしまうが「転倒」→「修理」が避けられないレーサー諸君には修理コスト(ステッチ1本/1,000円程)に関ることなのでレース予算を踏まえチョイスして欲しいものである。
ツーリングユースは予算に応じてという事だろうか!?

PRIDE1
http://pride1.jp

pride1jp at 01:37|この記事を表示コメント(5)トラックバック(0)clip!

October 10, 2006

海外ブランド 2

海外ブランドSuitの追記を少々”

日本ブランドとの大きな違いは言い換えてみればまさに「文化の違い」であるという事である。
日本では転倒してツナギが破れたりすると「どこ何処のツナギは破れる!!」となり壊れる事を嫌うのに対してヨーロッパ等はあくまで体を守るアイテムの一つで破れようが、その時体を守れればOK(そもそもの存在意義はまさにその通り!?)なのである。※MOTO GPを見ていても転倒後破れているシーンを目撃する事はご存じかと(^^)
そこで、 前回の「用途に応じてチョイス」を説明したいと思う。
■これからレースを始める方→イヤでも転倒する訳なので耐久性のある日本ブランド
※但し、廉価なモノは革の質を落としているケースが多く見受けられるのでご注意を!
■ツーリング中心で「もしもの場合」という方→軽い作りの海外ブランド
※但し、ワンピースは立体裁断がキツイので2ピースがベター
■本格的なレースの方→予算が許すのであればカテゴリーに合わせられる(強度を保ちながらの軽量化もOK等)オーダースーツがベターであるが、既製品を選ぶ場合「修理体制」の充実した日本ブランドが良いかと思う次第。
また、マメなメンテナンスを費用含めて考えるのであれば「軽量化」につながる海外ブランドもベター”
※海外ブランドは修理体制のない所もあるのでご注意を!

当方、他メーカー修理・サイズ修正等も承っていますので困った時はご相談下さい>>[Contact Us]

PRIDE1
http://pride1.jp

pride1jp at 16:08|この記事を表示コメント(6)トラックバック(0)clip!

October 01, 2006

海外ブランド

近年、多くの海外ブランドが販売される様になってきて、国際色豊になったモノである。
デザイン的にもインパクトがありディスプレーの感じも「Racingパターン」といった感じで、ライバルでありながら、なかなか格好が良い様に思う。
しかし、作り的な部分などあまり変わらずに見えると思うが、この部分は職人から見ると実は「似て非なるモノ」なのである!!
では、「何処がどう違うの?」という事で「これからSuitを」と考えている方に参考になればと思う次第である。
------------------------------
■革の厚さ
海外ブランド 1.2mm〜1.4mm
日本ブランド 1.4mm〜1.6mm
※これは革を鞣す(なめす)時に日本では柔らかくするためにWhail oil(鯨油)を使うのに対してヨーロッパ等は法律で禁止されているために使えない(捕鯨反対なのだから当然”)との事、故に薄くするしか無いのである。
■サイズ及びパターン形状
海外ブランド:フィット感を重視でキツイ立体裁断
日本ブランド:若干ルーズフィットでの立体裁断
※日本は「大は小を兼ねる」的な発想が強く、窮屈感を「キツイ」と感じてしまう為にある程度の「ルーズさ」を考慮してサイズグレーディングしてあるのである。
海外は薄い革を使っている事からフィットさせる事が可能になるため無駄を省いて小さめに作る訳である。また、シーリング(ジャバラ状部分)を多用出来るのも薄い革が故である。
■重さ
海外ブランド:とても軽い
日本ブランド:軽いとは言い難い
※強度的には当然日本ブランドが丈夫である。
------------------------------
以上、海外ブランドが「駄目」といっている訳では無く、用途に応じてチョイスする事が大事という事でなので誤解の無い様に。
>>海外ブランド2

PRIDE1
http://pride1.jp/

pride1jp at 01:04|この記事を表示コメント(2)トラックバック(0)clip!
Profile
PRIDE1.JP

■ プライドワン

Racing Suit職人  
職人歴:29年
◇ WebSite ◇
WWW.PRIDE1.JP
◇ Staff Blog ◇
PRIDE1.INFO
=====================
LivedoorProfile
FaceBook
Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
お帰りの際にクリックm(__)m
Archives
QRコード
==プライドワン.JP==
◇Mobile◇
携帯は下記
[QRコード]を
ご利用下さい。

Recent Comments
Recent TrackBacks