March 31, 2009

Slipping(滑る)isSafte(安全)

SHOULDER PROTECTOR'09プライドワン新素材第二弾!!
元祖リベットパッド開発を手掛けたPRIDE1に待望のハードショルダープロテクター完成!!
素材は、ポリウレタン(PU)フードの中央にアルミプレートを配したハードプロテクションに運動性能を考慮するソフト感を与え、より重要な中央部をよりスリッピーにと設計されたショルダープロテクターでエアーダクトも装備されている!
以前の提携ブランドであるFORZAのショルダープロテクターを開発した経験を活かしさらに進化させた形である。
Slipping is Safteの元祖でありながら大手メーカーに先を越され些か悔しい思いも抱きながら小さく営むPRIDE1でもいよいよ本格導入(^^)v
既にテストで実戦投入している次第だが、4/4,5日に開幕する全日本選手権Round1で正式なお披露目となる。
※:ハードプロテクションは、使用目的等により「そこまでは」などと好み的な要素もあるため基本的にオプション設定での供給となる。
今年のPRIDE1はちょいと"気合"が違う!?様である(^^)
※:関連記事「滑ってる!!

PRIDE1.JP
プライドワン.JP

※:Slipping(滑る) is Safte(安全)>>追記

----------------------
◆Slipping(滑る) is Safte(安全)
レーシングスーツの素材である「革」はそれに勝る素材は今のところ無いものの対「路面」に対しては素材の特性として「グリップ」してしまう。
特に肩部であるが、転倒時に路面にグリップすることにより「鎖骨」に大きな負担がかかると云われている。
元祖リベットパットは、さかのぼる事15年ほど前になるが、ある全日本ライダーの「鎖骨の折れないスーツって出来ないですかね!?」から始まる。
シーズン終盤チャンピオンのかかっている時期に鎖骨を骨折してしまったときの言葉である。
詳しく聞いてみると「路面にグリップした」と!そして「滑ればいいんだ!」になり出来上がったのがリベットパットである。
そのリベットパットの数多くのデーターを基に3D化させたのがこの度のハードショルダープロテクターである。


pride1jp at 00:17│コメント(4)トラックバック(0)clip!開発コラム | 素材

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kappa   April 01, 2009 13:53
ご無沙汰です 進化が 止まりませ〜ん プロテクター デザイン的にもいい感じですね! 我がニュースーツも楽しみです…※ 我が弟子の 大幅リペア 、細かい所までお気遣い、ありがとうございました。
2. Posted by PRIDE1.JP   April 01, 2009 19:53
>>Kappaさん
コメントありがとうございます(^^)
今年はちょいと気合い入れてみました(^^)v
kappaさんのSuitもそろそろ進めないといけないですねf^^;)
開発の方に気持ちが入ってしまっていた次第です(>_<;)
お待ち頂いた分「最新型」になりますのでご理解の程m(__)m
3. Posted by DogFight   April 01, 2009 20:31
5 進化したパーツは旧型にも後付できるのでしょうか?

今年は先日見ていただいたようにゼロからのスタートなのでマシンにばかりMoneyがかかっているのですが^^;;
4. Posted by PRIDE1.JP   April 02, 2009 11:53
>>DogFightさん
先日のTSUMUBAはお疲れ様でした(^^)
さて、プロテクターの後付加工ですが
、基本OKです
但し、肩ワッペンの取り外し・肩インナーパットの交換等が必要になりますのでコスト的に「ん〜っ」という感じですf^^;)
P.S.今度相談しましょう(^^)


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
PRIDE1.JP

■ プライドワン

Racing Suit職人  
職人歴:29年
◇ WebSite ◇
WWW.PRIDE1.JP
◇ Staff Blog ◇
PRIDE1.INFO
=====================
LivedoorProfile
FaceBook
Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
お帰りの際にクリックm(__)m
Archives
QRコード
==プライドワン.JP==
◇Mobile◇
携帯は下記
[QRコード]を
ご利用下さい。

Recent Comments
Recent TrackBacks