September 21, 2008

’08チャレンジ三宅島カップ

チャレンジ三宅島
既にご存じかと思うが、今年も三宅島でのバイクイベント「’08チャレンジ三宅島カップ」が10月17〜19日に開催されるとのこと(^^)
方向性は若干変わってしまったモノの、発起人である故前田選手(Blog記事>>三宅島TT)の意志を継いで開催されている。
さて、このチャレンジ三宅島のWebSiteにPRIDE1スーツが登場している!
TOPイメージにサイドカー「TeamOZEKI」の写真が採用されているのである(^^)v
是非ご覧下さいm(__)m
※TOPイメージは7枚ほどの写真をアクセス毎に画像がルーチン表示されその一枚
※パッセンジャー大関選手(写真後ろ)がPRIDE1スーツ着用
チャレンジ三宅島 公式WebSite
TeamOZEKI WebSite

PRIDE1.JP
プライドワン.JP


pride1jp at 16:43|この記事を表示コメント(0)トラックバック(0)clip!Topic | Rider

September 15, 2008

バックアップBlogリニューアル

PRIDE1.INFO ==INFORMATION==
バックアップBlogをリニューアルしました。
カテゴリー分けを再構築・WebSite機能追加等、Blog単体でも十分機能できるようにしました。また、ドメイン(http://pride1.info/)を新たに取得しPRIDE1.INFOとしてリニューアルです(^^)v
Blog設置当初よりお読みいただいている方には問題ないのですが、「検索」からお越し頂いた場合は、PRIDE1.JP ==Column==はコラムスタイルで書いていますので分かりづらい面も!?
記事内容等は基本的に同様ですので、お好みでご活用下さい。
※:コメント等はこちらにお願いしますm(__)m

PRIDE1.JP
プライドワン.JP

pride1jp at 14:26|この記事を表示コメント(0)トラックバック(0)clip!Information 

September 04, 2008

キカイダー

キカイダーデザインレーニーレプリカ完成を待たずに今度はTVアニメのヒーロー「キカイダー」の革ツナギ(^^)これはなかなかマニアックである。
半身部にある機械部分をいったいどう処理するべきかなどと打合せを!
すると「エアブラシで書きましょう」と先に機械部分(赤側シルバー部)に当たるパーツを裁断しペイント屋さんへ。
機械パーツそのパーツ部分が先日完成し工房へ届いた(^^)
早速見てみると細部に至るまで見事なエアブラシである。
しかしその分「失敗は許されない」というプレッシャーがf^^;)
もちろん失敗する事など考えては居ないモノのパターン(型紙)の困難さは容易に想像出来る。
まぁ”それもまた職人的にはやり甲斐のある一着である事なのだ(^^)v

PRIDE1.JP
プライドワン.JP

pride1jp at 09:04|この記事を表示コメント(3)トラックバック(0)clip!RacingSuit(革つなぎ) | 開発コラム

August 15, 2008

ゼッケンは“60”に決定!!

DERASONデザインAMAスーパーバイクLegends等を片手に「'83仕様は...'82仕様は...」などと綿密な打合せを重ね、着々と仕様が決まっていく中「背中」のゼッケンは?エディーローソンなら当然“21”
当初は「恐れ多いですよ!?」と、何も無しでとの依頼だったがデザイン仕様が固まって行くと「何もないとやはりちょっとさみしいですね!?」「せっかく作るんですから!」等と欲が出てくるモノであるf^^;)
「21」は他にも作っているローソンファンが居る!
「どうせなら目立ちましょう!!」という事で当初ローソンレプリカで進めていたのだが、「60」を背負い「ウェイン・レーニーレプリカ」で行く事に(^^)v
縫製ウェイン・レーニー仕様で行く事が決まり改めてエディー・ローソン仕様との違いをチェック(再度「'83仕様は...'82仕様は...」等々^^;)して、仕様が決定!!
工房では問題ない(仕様に左右されない)部分の縫製が始まっている(^^)v
◇:ウェイン・レーニー(wikipedia)
■関連記事
夢は叶うモノ!?
元祖ライムグリーン!?
ウェインレーニー2008

PRIDE1.JP
プライドワン.JP

pride1jp at 03:20|この記事を表示コメント(0)トラックバック(0)clip!開発コラム | RacingSuit(革つなぎ)

August 03, 2008

アレンネス指定工場!?

05648079.jpgたまたまなのだろうが、前々回記事、「サイズ修正(DOWN)」に続きBERIK(アレンネス)の依頼が続き一時は4着が工房を飾っていた!まるでアレンネスの指定工場の様だf^^;)
創業以来メーカー問わず開発・製作・リペアを手掛けてきた事を考えると何も珍しい事ではないがはないが、契約も結んでいないメーカーのモノがこの短期間にこれ程続く事は記憶にない!?
ベリック等の輸入元は確かBOSCOMOTOさん、修理体制も整備しているかと思うのだが...。もちろん小さくやっているウチの様な所に有り難い話であるのだが“何故”当工房にと思う次第である。
さて、アレンネスもご存知の様に海外ブランド(メーカー)であり類に漏れず、前出記事「海外ブランド」でも書いた様に「フィット感(ジャストフィット)を重視でキツイ立体裁断」である。
そして、基本が外人体型baseなのか3着の内2着もが袖丈が長いのである。またSPIDI・DAINESE・AXO等(海外ブランド)も手掛けさせて頂いたが、多くの場合やはりその傾向が強い。
Black&Goldさて、本題に戻りこの度の作業であるが、まず「Black/Gold」は股・ふくらはぎのニット部の破損。パーツ交換となると場所が場所だけに多くのコストがかかってしまうので部分パーツ交換に。※MOTOGPに供給しているブランドであるにも関わらず何故かふくらはぎニットはケブラー素材を使っていない!?
当工房ではニット部分は基本的にケブラーニットを使用しているので、ふくらはぎに関してはパーツ交換と言うよりもパーツのグレードアップである(^^)v
Green2次に「GREEN(Kawasaki仕様)」は袖丈・着丈のサイズ修正・「White」は袖丈のみサイズ修正(Cut)である。当工房特有?の「お節介f^^;)」から袖口にはニットを配しモディファイ(PRIDE1仕様)をお勧めした次第。しかしここで問題が(>_<)
WhitePRIDE1ではストッパー付きのファスナーを使用しているのだがこれらはストッパーが付いておらずファスナー止め処理をしている。
通常のサイズ修正であればそのまま移植すればいいのだが「ニットを配しモディファイ」を施しているのでそのままの移植ではニット機能が半減してしまう(>_<)
無い知恵を絞ってファスナー部分を大きめにバラシ、挟み込んで事なきを得て、仕上がりもオリジナルより良いのではとある意味自画自賛であるf^^;)
前出のITOSHINモデルに始まって同時期に5着程(他にも1着)ですっかりアレンネス系のリペア・モディファイはお手の物!?である(^^)v

PRIDE1.JP
プライドワン.JP

pride1jp at 02:11|この記事を表示コメント(3)トラックバック(0)clip!モディファイ(adjust他) | リペア

July 29, 2008

元祖ライムグリーン!?

ca77776b.jpgクラッシックなレプリカの際に一番問題になるのが革の色である。
特にKawasakiライムグリーンは年代で大きく違うf^^;)
今回もスペンサーレプリカ同様1983年前後のTypeで元祖ライムグリーンと呼ぶに相応しいレトロな色である。※:HONDA(トリコロール)の場合時折赤がフラッシュレッドの場合もあるが当時と差程変わらずである。
そこでPRIDE1立ち上げ当初よりお付き合い頂いている革屋さんへ相談してみる事に!
すると「当時のカラーでお出し出来ますよ!」との事(^^)v
早速発注(初回打合せ時)で先日届いた次第である。
包みを開けてみると見事に当時のライムグリーン!!
早速依頼主さんにも「写メ」を送ると感激の返信が(^^)
さてさて革の入手完了でここからは、やはりスペンサーレプリカと同様に「AMAスーパーバイクLegends」「ROAD RIDER 2007/2」(ROAD RIDER発刊)との格闘!?(どの年式の仕様・旧LOGOType確認・トレース等)が始まる訳であるf^^;)
■関連記事
夢は叶うモノ!?
ゼッケンは"60"に決定
ウェインレーニー2008


PRIDE1.JP
プライドワン.JP

pride1jp at 13:48|この記事を表示コメント(0)トラックバック(0)clip!RacingSuit(革つなぎ) | 開発コラム

July 25, 2008

ブーツ屋さんじゃないんだけどf^^;)

fc992e5f.jpg前々回紹介のローソンレプリカの依頼主さんがAlpinestarsのクラッシックブーツをオークションで落札との連絡が(^^)
しかし彼は格闘体型!?フクラハギが入らず....。
本来「餅は餅屋」との考えを持っている(しっかり職人である^^;)のだが、スーツのオーダーを頂いているお客様からのSOS!「一度見せて下さい」「ウチで出来ることであれば」という事でブーツ改造を受けてしまった次第であるf^^;)
アルパインスタークラッシックブーツ屋さんであれば当然フクラハギのサイズ伸ばしという事になるのであろうが当方はツナギやさんである。
対応できるブーツ関連部材などは有るはずもなく、手持ちの材料でと思案していると「スーツはブーツアウターですから見てくれはどうでも良いです」と!
なるほど”その手が、という事で上部をカットしてショートブーツに加工という事に(^^)
カットしかし完成品を有る意味「壊す」というのは勇気が要るモノである。
ポイントを探り躊躇しながらも思い切ってブーツをカットする。
そして問題はファスナーである。
※:ファスナーはただカットすれば良いという訳にはいかない!
俗に言う「ムシ」と呼ばれる部分を1つ1つ外していく必要がある!
コイルファスナーではない故、可能な加工でもあるのだがまぁシビレる作業であるf^^;)
そして仕上げはカット部分を革でカバー加工を施して完了(TopPhoto)である。
ツナギ屋と考えればなかなかの出来ではないかとレベルの低いところでの自画自賛である(^^)v

PRIDE1.JP
プライドワン.JP

pride1jp at 02:21|この記事を表示コメント(2)トラックバック(0)clip!モディファイ(adjust他) | etc.

July 12, 2008

夢は叶うモノ!?

97b97e69.gif先日、AMA時代のエディーローソン仕様のツナギを作りたいとの電話問い合わせ(^^)
何故(^^)というと、実は以前紹介した「スペンサー2008」の追伸に「機会があればローソンレプリカなども作ってみたいモノである(^^)」と書いていたのである!
まさに「夢は叶うモノ!」
ささやかなことかも知れないが職人にとってはある種の「夢」なのである。
さて、まだ一度目の打ち合わせでDesignイメージ(Top画像)の段階であるが、「ローソン2008」がどの様に仕上がるのか"乞うご期待"である(^^)v
■関連記事
元祖ライムグリーン!?
ゼッケンは"60"に決定
ウェインレーニー2008

PRIDE1.JP
プライドワン.JP
追記:続きを読む

pride1jp at 16:52|この記事を表示コメント(1)トラックバック(0)clip!ロードレース(OnRoad) | 開発コラム

June 26, 2008

スーツ・チューンナップ byモタード

e0a87971.jpg前回月初めに更新からあっという間に月末f^^;)
忙しさを言い訳面目ない次第である(>_<)
さて、今回は先月ご紹介した「スーツ・チューンナップ!」のモタード編である。
Motardスーツの開発を初めて早いモノで5年程(^^)
ロードレースを基本に開発してきた経緯からするとカルチャーショックに近い刺激を受けながらの開発となり、その第一弾(2005)となったのがFORZAモタード「FS-501」である。
しかし、この3年で多くのTopライダー(Moto1オールスター)を手掛け開発が急速に進み、今となっては未完成と言わざるを得ない程の進化している。
※:新しいカテゴリー故、またオンロード・オフロードライダー双方の要望が全く違うため致し方ないとご理解下さいm(__)m
Rd脇「スーツ・チューンナップ byモタード」は現在のノウハウを可能な限り後加工を施すモディファイである。※:当然他メーカーであっても同様である。
ロードレースと違い上半身(胸回り)上下左右に大きく動かしてのマシンコントロールが故に胸回りの可動範囲を確保するために一部シャーリング含む胸回り(脇下)を大きくカットしてゆとり分を加味しケブラーニットに交換
袖周りにゆとりを求めるライダーも多く通常の幅伸ばしではなくやはりケブラーニットを用いて腕上がり対策を施す。
bl足また、モタードの場合「大腿周り」そしてCTI等の「ニーブレス」へのアジャスト等も必要な場合が多い。
※特にオフロード出身のライダーには効果が高く好評を得ている(^^)v
これに併せてワッペン・logo等を取り付けフルチューニング完了である!!
※FS-501(ノーマル)は「レーシングスーツドレスアップ」をご参照の上、比較してみて下さい。
◇Logoネーム取り付け例:010203
チューンナップ ロードレース編

PRIDE1.JP
プライドワン.JP

pride1jp at 23:35|この記事を表示コメント(2)トラックバック(0)clip!モディファイ(adjust他) | モタード

June 02, 2008

’08ロードモデル

’08Roadまたしても(今年もf^^;)掲載(Up)するのが遅くなってしまったが本年'08Roadモデルが完成(^^)v
デザインは、レーシーなホワイトを基調に好評のモタードデザインを取り入れ、今までの融合でしかないのだがカラーの基調が替わるとこれ程にイメージが変わるのかと些か驚いた次第である。


’08Road02仕様は'07のモディファイであるが特筆すべきは腿回りの補強である。
これはミニバイクスペシャル?ともいえる、PRIDE1的俗称「ミニバイク革パット」でミニバイクレースからの転倒データよりミニバイク仕様としていたモノで、ロードタイプにも採用(標準装備)にして強度アップを図った仕様である。


’08Road03ロードタイプを全てミニバイク仕様にという訳ではないのだが、近年ミニバイクレースが盛り上がりを見せる中、練習を兼ねてミニバイクレースに出場するケースが多く見受けられる事もあり、また強度は高に越したことはないということである。
しかし、強度を上げれば「重量」が増す(場合が多い)事もあり軽量化も併せて施す仕様となった(^^)v
職人としての永遠の課題!?「強度」と「重量」のバランスは常につきまとい「知恵」を試されているかの様であるf^^;)

PRIDE1.JP
プライドワン.JP

pride1jp at 21:18|この記事を表示コメント(2)トラックバック(0)clip!ロードレース(OnRoad) | 開発コラム
Profile
PRIDE1.JP

■ プライドワン

Racing Suit職人  
職人歴:29年
◇ WebSite ◇
WWW.PRIDE1.JP
◇ Staff Blog ◇
PRIDE1.INFO
=====================
LivedoorProfile
FaceBook
Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
お帰りの際にクリックm(__)m
Archives
QRコード
==プライドワン.JP==
◇Mobile◇
携帯は下記
[QRコード]を
ご利用下さい。

Recent Comments
Recent TrackBacks