September 04, 2009

キカイダーSuit完成!!

kika_f-big気がつけば九月(早っ"f^^;)
またもやすっかり届こうっているBlog更新は、昨年途中経過を掲載キカイダーレプリカがついに"完成"!!


kika_b_big※:あれからブルー(右半身部の革)を染め直し・ニット形状の変更等々更なる完成度を追求!もっとも、強いこだわりを持つユーザーさんなのでプライドワン的にも忙しい時期にはストップしての作業と実に長い製作期間となった次第である。
さて、レプリカスーツといえどもPRIDE1的にはもちろんレースに耐えうるレーシングスペックを保ちながら着やすさも追求の製作となる。
デザインを優先すれば着づらくなるのは明らかな訳でそこは職人としての技量ということになる!?
kika_shitasodeデザインの中で一番思案したのが袖のデザインである。
通常、袖ニットを基本にカッティングするのだが今回は袖を1周するラインが2本を基調とするデザインである。
色々策を練ってみたが最終的にニットの上に可能な限り薄く加工したラインを載せる方法となった(苦肉の策f^^;)
kika_beruto02それから、ヒーローモノの基本が正面を重用しするために背中にファスナーが付く。しかしレーシングスーツの場合それは御法度!!
そこで問題になってくるのがウエストベルトのバックルである。
もちろんベルトを着けるわけではなく革でベルト部分はシャーリングの一部をベルト風に見せデザイン的にバックルを表現するのだがファスナーが入るとどうしても「円」にはならないためファスナーを跨ぐ様にベルクロ(マジックテープ)を使ってカバーする方法に(^^)
この方法はさかのぼること15年前(1994)に8耐用ウルトラマンスーツを製作した時に考案したモノ(^^)
kika_waki※:考案というほどのモノではないが、ペアライダーのスーツを製作するメーカー等に「どうやったの?」とアドバイスを求められた次第(^^)v
次に、考慮した部分は左半身の機械をイメージした部分を通常行わない縁折り加工を施し立体的に見せるための工夫!?等々いずれにしてもこれまでの方正部分の知識総動員により完成した次第である!

追伸:レプリカスーツの次回作はすでに決まっており、今年話題のエバンゲリオン:プラグスーツである(^^)
PRIDE1.JP
プライドワン.JP

pride1jp at 04:00|この記事を表示コメント(1)トラックバック(0)clip!ロードレース(OnRoad) | レプリカ

August 05, 2009

’09モタードSuit(Hybrid)

ike-f長い事ご無沙汰でm(__)m
今年は、お陰様で例年になく多くの受注を頂きこれまでBlog更新が出来ずに来てしまいました(この不景気に嬉しい悲鳴f^^;)
さて、そんな状況(スーツ製作に明け暮れて)Blog記事の材料は数多く蓄積されている訳でまずは「'09モタードSuit」からアップしてみようと思う次第である(^^)

>>BackStylePhoto
ike-sune'09モタードSuitは、MOTO1#8池田選手(KTM・UzushioR)を開発ライダーに迎え昨年モデルをさらに熟成させるべく、以前より気になっていた膝周りを強度アップ、ビジュアル面も加味しての大幅に変更、近年普及し始めているリアットブレイス対応するためにディフューザを装備しながらも装着できる様にポケットを配置。>>'08膝周り
ike-kobupockその上で'09導入のカンガルー皮革を使用して牛皮革とのハイブリッドスーツ、ショルダープロテクターを装備する仕様、そしてもちろんMFJ公認マークは基準の低い「SUPERMOTARD」ではなくRoadRace基準の「Standard」!!
ike_mfj脇下周り腕周りは'08を継承、袖口裾口はPRIDE1オリジナルのベルクロ(マジックテープ)加工である。
※:MotardSuitの開発は昨年('08)で概ね完成型と思っていたのだが、シーズンを通してみるといくつかの改良ポイントが見えてくるモノである。
>>池田選手オフィシャルBlog
>>UzushioRacingWebSite

PRIDE1.JP
プライドワン.JP

pride1jp at 02:46|この記事を表示コメント(1)トラックバック(1)clip!モタード | 開発コラム

April 24, 2009

'09ライスポ6月号 No.317

ライスポNo.317本日(4/24)日発売の「ライディングスポーツ 2009/6月号(No.317)」に「GP125(中本翔)スペシャル」が掲載されています(^^)
毎年恒例になっているレーシングスーツ特集「2009レーシングスーツカタログ」各社のこだわりにスーツが一挙に紹介されている企画で、職人としては毎回とても良い刺激になり、開発のモチベーションには有り難いことである!
さて、今年気になったスーツはMADIFさんの7万円を切る低価格でリリースされたスーツ!?円高沸騰時に発注をしてもなかなか難し価格(*)かと思う次第で、どこをどうやってコストダウンしているのか作り手としては興味津々である!
ライスポNo.317-02PRIDE1スーツは"126ページ"に紹介されているので是非ご覧下さいm(__)m
また、129ページにはこれも恒例になった小広告(*2)も掲載されています。

*:PRIDE1では海外工場の指導等もしているのでコスト含め大体は把握しているつもりであるが驚きである。
*2:Blog掲載間に合わずのリリース情報も(詳細は後日Blogにて掲載予定f^^;)

PRIDE1.JP
プライドワン.JP

pride1jp at 16:09|この記事を表示コメント(0)トラックバック(0)clip!Review | Topic

April 23, 2009

Rider Links

==Information==
「Rider Links」をプラグイン(サイドバー右下)に追加しました。
併せて2009年新たにPRIDE1に加入したライダーBlogの紹介である(^^)
中村選手Blob Top◇All Japan Road Race
GP125 #24 中本 翔選手
翔Time Racing Diary




池田選手Blog Top◇MOTO1 Allstars MOTO1 #8 池田 孝宏選手 
いけやん Blog



当ブログ並びに既存PRIDE1ライダーBlogも含め応援の程、宜しくお願い致しますm(__)m

PRIDE1.JP
プライドワン.JP

pride1jp at 23:58|この記事を表示コメント(0)トラックバック(0)clip!Review | Rider

April 04, 2009

カンガルースーツ(Hybrid)完成!!

フロント02'09ロードモデル+カンガルースーツが完成した。
'09モデルの特徴はカンガルー皮革で軽量化としなやかさを実現し、要所は牛皮革使用し強度を保つという、言うなれば「良いとこ取り」ハイブリッドスーツである!
※:全身Photo>> 0102
バック02他にも、「膝部の切り返し」「袖ファスナー部」「ニット形状」等細部を見直し完成度を高め、さらに「Slipping(滑る)isSafte(安全)」で紹介したショルダープロテクターを装備し完全武装モデルである!
Shoulder03写真は、さらに軽量化を加えた「GP125(中本 翔)スペシャル」である。
以前お伝えした様にプライドワンとしては約5年ぶりの全日本参戦なので、その5年間に蓄積したノウハウ・素材等、満を持しての投入である(^^)v
MFJまた、'09モデルよりネームタグをフロントフラップ(前立て)に設置。これは、ある主要サーキットでフロントフラップになければならないとレギュレーションを間違って解釈しているところがある故である。※:ユーザーさんの中には泣く泣くマジックで書かされた方も(T_T)
MFJレギュレーションでは「ライダースーツ左胸前部内側または胸部前部下前立てに氏名をカタカナで血液型をアルファベットで明記しなければならない。」とある。
そのサーキットでは、どこで間違ったのか「または」と予備的な方のみが採用されてしまっているのである(×_×)
それはさて置き、兎にも角にも'09モデルの全日本選手権デビューである(^^)v

追伸:Slipping(滑る) is Safte(安全)に追記しました。

PRIDE1.JP
プライドワン.JP

※:ロードレース競技規則(抜粋)>>追記続きを読む

pride1jp at 17:13|この記事を表示コメント(8)トラックバック(1)clip!開発コラム | ロードレース(OnRoad)

March 31, 2009

Slipping(滑る)isSafte(安全)

SHOULDER PROTECTOR'09プライドワン新素材第二弾!!
元祖リベットパッド開発を手掛けたPRIDE1に待望のハードショルダープロテクター完成!!
素材は、ポリウレタン(PU)フードの中央にアルミプレートを配したハードプロテクションに運動性能を考慮するソフト感を与え、より重要な中央部をよりスリッピーにと設計されたショルダープロテクターでエアーダクトも装備されている!
以前の提携ブランドであるFORZAのショルダープロテクターを開発した経験を活かしさらに進化させた形である。
Slipping is Safteの元祖でありながら大手メーカーに先を越され些か悔しい思いも抱きながら小さく営むPRIDE1でもいよいよ本格導入(^^)v
既にテストで実戦投入している次第だが、4/4,5日に開幕する全日本選手権Round1で正式なお披露目となる。
※:ハードプロテクションは、使用目的等により「そこまでは」などと好み的な要素もあるため基本的にオプション設定での供給となる。
今年のPRIDE1はちょいと"気合"が違う!?様である(^^)
※:関連記事「滑ってる!!

PRIDE1.JP
プライドワン.JP

※:Slipping(滑る) is Safte(安全)>>追記続きを読む

pride1jp at 00:17|この記事を表示コメント(4)トラックバック(0)clip!開発コラム | 素材

March 22, 2009

ウェインレーニー参上!

Derason昨年紹介した「ウェインレーニー2008 」のユーザーさんから「Taste of TSUKUBA」に参戦した時の写真を頂いた!
レイニーがTSUKUBAサーキットに参上である(^^)
本人曰く「大人のコスプレ」と言い切りマシンはもちろん、ヘルメット・ゼッケンプレートまで当時を再現している!!
IMG_2436以前紹介した「スペンサー現る!」の方もそうだが見事な懲りようで、ここまでしてもらえるとレプリカスーツも「本物」に見えてくる(@_@)
AMA時代のスペンサー・レイニーの写真と格闘して「出来るだけ当時のイメージを」とある種「苦労した甲斐があるなぁ〜」と思う次第である(^^)v
PHOTO:0304
追伸:奇しくもROAD RIDER 2009.4月号はウェインレイニー特集である(^^)
■関連記事
夢は叶うモノ!?
元祖ライムグリーン!?
ゼッケンは"60"に決定!
ウェインレーニー2008

PRIDE1.JP
プライドワン.JP

pride1jp at 16:39|この記事を表示コメント(0)トラックバック(0)clip!Review | ロードレース(OnRoad)

March 09, 2009

カンガルー革

カンガルー皮革'09プライドワン新素材第一弾!!
カンガルースーツは10数年前の鈴鹿WGP(現MOTOGP)のパドックでダイネーゼ製のスーツを見たのが始まり。供給していたライダーのチームメイトのスーツだったので細かなところまでチェックさせて頂いて、その軽さに驚いたものだった。その当時、カンガルーを採用していたメーカーはダイネーゼ位だったと記憶している。
日本ではなかなか入手が困難ということもあり牛革で試行錯誤して軽量化(数名のWGPライダーにも供給していた)を開発したことを思い出される。
今でも日本では入手困難であるが、この度海外にあるルートを通してある程度ではあるが供給できる目処が!?
前回記事で紹介の'09 PRIDE1ライダー中本 翔選手(全日本GP125cc)にとって「軽量レーシングスーツ」は必須アイテム!
WGPで開発した「軽量化」のノウハウと「カンガルー皮革」の融合は彼にとってもタイムリーである(^^)
さてカンガルー革だが、届いて早々に包みを開けてみると何しろ薄い!「これで大丈夫なの?」と思うほどである。しかし、もちろん「MFJ公認」の皮革テストはしっかりとパスするのである。
もちろん牛革の2/3程度の厚さであるから、絶対強度は牛皮革(国内生産)には及ばない」とのテスト結果の様である。
※:PRIDE1としては「牛革・カンガルー革のミックス」での供給予定で、"フル"カンガルースーツは、仮に破れても体を守れればOKというMOTOGPライダーの様なサポート供給されているライダー用と考える次第である。(以前記事にした「海外ブランド」と考え方は同じといえる。
革のサイズは牛革と比べると版が小さい
※:写真の白い部分が牛革でちなみに半頭分である。
小さい分、大きなパーツが取りにくい・ロスが多いなど裁断も技術が必要になってくる。
そして、気になる原価コストはなかなかの値段である(>_<;)
※:PRIDE1的にはダメージリスクの小さい部分で使い軽量化とコストのバランスで開発中。
また、カンガルーは革が薄いため軽量化はもちろんのことフィット感等にも優れ着心地も重要な「ツーリング(峠仕様頭)スーツ」にベストな素材ではないかとも考えている次第である。
コスト的な問題もあるので、供給は「オプション」となるが、1つ大きな戦力が加わったことは言うまでもない(^^)v

PRIDE1.JP
プライドワン.JP

pride1jp at 09:55|この記事を表示コメント(3)トラックバック(0)clip!素材 | 開発コラム

March 04, 2009

プライドワン 全日本(Road)復帰!

08-Show写真('08Photo)は今年(2009)プライドワンでサポートする日本選手権(ロードレース)の"中本 翔選手"
ロードレースでは昨年まで、スポット参戦ライダー・OEMスーツでの供給は継続していたモノのプライドワンとしては2004年シーズン以来、5年ぶりの全日本フル参戦ライダーへのスーツ供給することが決定(^^)v
小規模なスーツメーカーでは、全日本クラスのライダーをサポートすることは難しい。可能性としては全日本ルーキー時代等にタイミング良く出会ったりなど、ある種「縁」頼みである。
今回はレース界の先輩、オートスタジオスキル代表嶋根氏(元WGPチーフメカ)のご推挙からの縁である。
※'04まで10年以上供給していたTADAO Racing大崎選手も全日本ルーキー時代の出会いであった。
また、革ツナギ屋とはいえ「商売」であるから、各スーツメーカー様々な考え方があるが当工房は「広告費」を使うくらいなら「クオリティーアップ」にその経費をとの思いから広告費は無いに等しいf^^;)
とはいえ、レース最前線の開発は必須である。
今シーズンは多くの「新オプション」導入が決まり、その実戦テストも必要と思っていたところに彼との出会いであるから我ながら「思いがあるところに出会いがある」と改めて感謝!
まだあどけなさが残る17歳の高校生ライダーと革ツナギ職人(オヤジ^^;)のコラボレーションがプライドワンスーツをどの様に進化させていくのかワクワクしている次第である(^^)
◇中本 翔選手
Blog:グンと翔吉のBLOG
category:AllJapanGP125cc
Team:18GARAGE
オートスタジオスキルWeb

PRIDE1.JP
プライドワン.JP

pride1jp at 10:34|この記事を表示コメント(2)トラックバック(0)clip!開発コラム | Rider

February 26, 2009

ドリフト

シブケン ドリフト02しばらく前の映像になるが、モトライダーForce(vol.22)に掲載(DVD)されたPRIDE1ライダー「シブケン」のドリフト映像である。
この度、モトライダーForce様のご協力(許可)を得てアップした次第である。
ドリフトKingの名に相応しいLongドリフトをご覧下さいm(__)m
シブケンドリフト映像by MOTORIDER force
Motard Dayz OFFICIAL Site

PRIDE1.JP
プライドワン.JP

pride1jp at 10:03|この記事を表示コメント(2)トラックバック(0)clip!Review | Rider
Profile
PRIDE1.JP

■ プライドワン

Racing Suit職人  
職人歴:29年
◇ WebSite ◇
WWW.PRIDE1.JP
◇ Staff Blog ◇
PRIDE1.INFO
=====================
LivedoorProfile
FaceBook
Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
お帰りの際にクリックm(__)m
Archives
QRコード
==プライドワン.JP==
◇Mobile◇
携帯は下記
[QRコード]を
ご利用下さい。

Recent Comments
Recent TrackBacks